大阪 堺市北区 内科 佐々木内科クリニック 呼吸器内科

072-250-0200

menu

072-250-0200

HOME > 禁煙外来 > 禁煙薬について > 禁煙治療の流れ > 禁煙治療の料金について

禁煙外来

「タバコをやめたいのに、やめられない」

「たばこを止めたいのに止められない」
「過去に何度も禁煙にチャレンジしたけど失敗してばかり…」
それでも「タバコをやめたい」と思っている方。
当クリニックでは、そんなあなたを応援しています。
最新の内服薬による禁煙指導により、12週間のプログラムで、無理なく禁煙ができるようお手伝いします。

飲み薬の禁煙薬に関して、ぜひ一度ご相談下さい。
※ 傾眠・意識障害などの副作用をともなうことがありますので、禁煙治療中の車の運転はご遠慮頂いております。

タバコをやめたいのに、やめられない

禁煙治療のスケジュール

保険診療において薬を服用される方は12週間にわたる禁煙治療を受け計5回通院します。

禁煙治療のスケジュール

薬について

タバコを吸うと、脳にあるニコチン受容体という部分に、ニコチンが結合して、快感を生じさせる物質(ドパミン)を放出させます。チャンピックスは、この受容体に結合することで、ニコチンの場合より少量のドパミンを放出させて、イライラなどのニコチン切れ症状を軽くします(A)。
また、ニコチンが受容体に結合するのを邪魔して、禁煙中に一服してしまったときの“おいしい”といった満足感を感じにくくする(B)ことにより、禁煙を助ける薬です。

タバコを吸った時のニコチンの作用

薬について

薬について

ページトップへ

禁煙薬について

当院では、「飲む」禁煙薬と「貼る」禁煙薬を患者様の症状にあわせて処方しております。

「飲む」薬の服用方法について

ニコチンを含まない飲み薬です。1日2回食後に飲みます。飲み始めてから8日目に禁煙を開始します。
通常、12週間、服薬を継続します。医師の処方が必要です。

  • 「飲む」薬の長所
    • ・一定の要件を満たすと、健康保険等が適用される
    • ・飲むだけなので簡便
    • ・ニコチンを含まない
    • ・肌の弱い人でも使用できる
    • ・接客などの職種や歯、顎の問題などでガムを噛めない人でも使用できる

※ 傾眠・意識障害などの副作用をともなうことがありますので、禁煙治療中の車の運転はご遠慮頂いております。

服用の仕方

(1)禁煙開始予定日の1週間前から薬を服用し始めます。
(2)服用8日目から禁煙してください。
(3)薬を計12週間服用します。

服用の仕方

薬の服用方法について

薬を服用するにあたっての注意

  1. ニコチンを含んだ禁煙補助薬(ニコチン製剤)との併用はしないで下さい。
  2. 腎臓の病気がある場合は、お申し出下さい。
  3. 禁煙は治療の有無にかかわらず様々な症状(気分が落ち込む、あせりを感じる、不安を感じる等)を伴うことが報告されています。また、もともとこのような症状がある場合は、その症状が強く出ることがあります。
    本剤を服用中にこのような症状があらわれたら服用を中止し、ご相談下さい。
  4. めまい、眠気などの症状があらわれることがあるため、自動車の運転など危険を伴う機械を操作する時は注意して下さい。
  5. 吐き気等をおこしにくくするために、必ず食後に服用して下さい。
  6. 気になる症状があらわれた場合は早めにご相談して下さい。

薬を服用するにあたっての注意

「貼る」薬の使用方法について

ニコチンパッチはニコチンを含んだ皮膚に貼る薬です。1日1回、上腕やお腹、背中などに貼ります。
標準的な使用期間は8週間です。
皮膚のかぶれを防ぐため、毎日貼る場所を変えるとよいでしょう。薬局・薬店で購入するタイプと、医師に処方してもらうタイプがあります。

  • 「貼る」薬の長所
    • ・人に気づかれない
    • ・接客などの職種や歯、顎の問題などでガムを噛めない人でも使用できる
    • ・医師に処方してもらうタイプは一定の要件を満たすと健康保険等が適用される

ニコチネルTTS禁煙プログラム

ニコチンパッチ ニコチネルTTS禁煙プログラムについて

ページトップへ

禁煙治療の流れ

健康保険等の適用となる条件

健康保険等を使った禁煙治療では、12週間で5回の診察を受けます。
診察に行くと、はじめに喫煙状況などから健康保険等で治療が受けられるかをチェックします。
次の4つの項目すべてにあてはまる方は保険治療の対象になります。

  1. (1)ニコチン依存度テスト(TDS)の結果にてニコチン依存症と診断される。
  2. (2)ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)=200以上である。
  3. (3)すぐに禁煙することを希望している。
  4. (4)禁煙宣言書に署名する

※禁煙治療は1年間に1コースしか医療保険が使えませんので、ご注意下さい。

待合室にて

初回診察

1週目

禁煙開始

2週目再診(1)

4週目再診(2)

8週目再診(3)

12週目再診(4)

卒煙

禁煙継続

  • ・問診表の記入
  • ・ニコチン依存度テスト(TDS)
  • ・ブリンクマン指数計算
  • ・一般診察
  • ・喫煙状況、呼吸器症状、治療中の病気についておたずねします。

【検査内容】

検査内容

  • ・血圧測定
  • ・呼気中一酸化炭素濃度の測定
    吐き出した息に含まれる一酸化炭素の量を
    スモーカライザーで測定します。
    ※呼吸器症状のある方は肺機能検査
    並びに胸部X線検査する場合があります。

禁煙治療条件の確認 (禁煙宣言書の記入)と禁煙指導

【薬の処方】

薬の服用方法 についてはこちら

薬の処方

  • ・診察
  • ・呼吸器症状の確認
  • ・検査 (血圧測定、呼気中一酸化炭素濃度測定)
  • ・禁煙指導
  • ・処方

薬の処方

  • ・最終診察
  • ・検査 (血圧測定、呼気中一酸化炭素濃度測定)
    12週目で禁煙が成功していれば卒煙となります。

禁煙治療完了

ページトップへ

禁煙治療の料金について

  初回 2回目~4回目 5回目
禁煙治療のみで自費の場合 5800円+薬代*1 3770円+薬代 3050円
上記治療が保険適応*2
(3割負担)の場合
1740円+薬代 1130円+薬代 920円

上記料金は、禁煙のみを目的として、5回目で禁煙が成功した場合の費用となります。

*1 薬代とは、治療費用の他にかかる院外薬局でのお薬代です。
*2 保険適用には、一定の条件を満たすことが必要となります。
呼吸器症状のある方は、肺機能 検査及び胸部X線検査する場合があり、料金が別途必要となります。

※詳しくは、当院スタッフまでおたずねください。

「たばこの害」や「禁煙のコツ」、「禁煙のメリット」などより詳しくは、
「院内ニュース創刊12号 当院の禁煙外来」をご覧下さい。
【関連リンク】禁煙情報サイト すぐ禁煙.jp ファイザー株式会社

ページトップへ

Copyright(C) SASAKI CLINIC All rights reserved.